設立の主旨

 ペットブームや核家族化、少子化などによって、犬やネコなどペットに癒しを求める世帯は年々増加しています。

 その一方で、多くのペットが飼えなくなった、世話ができない、手に負えないなどの理由で捨てられたり、殺処分されています。

 ペットはものではなく命あるものとして適切に管理し、終生飼育が義務付けられていますが、現状は認識が周知されているとはいえません。

 また捨てられてしまって所有者のいないネコについてはゴミを漁って生き延びたり、ネコを適切に管理していないために、繁殖を繰り返し、ゴミの散乱や糞尿被害、繁殖期のネコ同士のケンカや鳴き声による地域の環境悪化の原因となっています。

 だからといって、動物愛護法で愛護動物に指定されているネコを法的に殺処分することは、これから育つ子どもたちに動物に対しても思いやりの心を持ってほしい観点から望ましいとはいえないと思います。

 そのため、ペットの適正な管理及び終生飼育の更なる普及、啓発に努力するとともに、現在、所有者のいないネコが地域にもたらす被害を、地域環境課課題と捉え、地域の皆さんとともに、所有者のいないネコの管理を計画し、ご理解、同意の上、不妊・去勢手術を行い、人と動物の共存できる地域社会づくりに貢献して参ります。